専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

 

専業主婦って大変なような、楽なような?専業主婦のみなさんから見たら「主婦は大変よ!」というお叱りを受けてしまいそうですよね。確かに、しっかり極めれば大変なのかもしれません。しかし、大変なときに「大変だ」という意識で頑張ると、周囲への気遣いを忘れたりして、優しい妻にはなれないことでしょう。考え方を少しだけ変えてみて周囲に優しい主婦になってみませんか?

 

主婦ほど楽な仕事はない!?

 

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

 

専業主婦を大変だと思うか、楽な仕事だと思うかは個人の感じ方によりますよね。しかし、1つだけ言えることは、専業主婦には社会的な責任はなく、締め切りなどもないということ。面倒な人間関係のトラブルもなく、上司も存在しない仕事です。ただし、ご近所づきあいだけはあるかもしれません。でもそれは、専業主婦の仕事とは関係ない話。自分のペースで自由に働けるという意味では楽な仕事だと言えるのではないでしょうか。上手にこなすことで、テレビを見る暇や読書をする暇もありますし、主婦友とお茶やランチなども可能です。
しかし、確かに専業主婦も完璧にこなそうとした場合には、大変なお仕事です。その完璧さのさじ加減を自分で調節できることは専業主婦の特権だと言えるでしょう。ワーキングママの場合には、さじ加減を自分で行うことで、周囲に迷惑がかかるケースも存在します。最低限の仕事をこなすだけでも精一杯になってしまうからです。

 

会社で働く大変さって?

 

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

 

専業主婦のみなさんも主婦になる前には会社員だった時代があるはず。場合によっては個人経営などで、企業に属していないケースもあったことでしょう。それでも働く大変さはほとんどの主婦層も知っていること。決められた時間に会社に出向き、決められた時間で与えられた仕事を完璧にこなしていましたよね。時には、顧客や上司の叱咤を受けながら、それでも休まずに毎日働く日々だったことでしょう。その時代を思い出してみてください。本当にそれでも専業主婦は大変だと感じますか?もしもそうであれば、主婦の仕事にプロ意識を高く持っているケースか、会社員時代に苦労をしたことがないケースのいずれかだと言えるでしょう。主婦の仕事を大変だというからには、主婦の仕事にプロ意識を持つ必要があります。

 

専業主婦にプロ意識を持つとは?

 

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

 

主婦の仕事が大変だと感じるからには、主婦の仕事にはプロ意識を持っている可能性がありますよね。その場合には、どのような状態なのかを見ていきましょう。本当にこのようなプロ意識を持って、主婦の仕事をしていますか?

 

主婦に仕事を与えてくれていると認識できるか?

 

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

 

夫や子どもに対してイライラする場合には、これがプロの仕事なのだと、プライドを持つ必要があります。部屋を汚すのは、仕事を与えてもらっている証拠であり感謝するべき状態です。仕事がなければ対価はもらえません。この場合の対価とは、夫からもらう生活費のこと。夫や子どもに手がかかることは嬉しいことなのだと認識する必要がありますよね。文句も言わずに全てを完璧にこなすべきです。

 

文句は顧客要件だと捉えられるのか?

 

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

 

夫や子どもに掃除や料理で文句を言われた場合には、顧客要件だと捉えることはできますか?仕事なのだから、クレームが入るのは当然のこと。作った料理が例え「美味しくない」と言われたとしても、我慢をして新しい料理を作り直すなどの提案を家族にしなければいけません。「要件を満たせずにごめんなさい」と謝罪できるくらいの心意気が必要になるでしょう。

 

進捗管理は完璧か?

 

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

 

専業主婦が大変だというからには進捗管理も仕事の1つです。夫から頼まれた買い物や作成物、育児のための仕事一覧など進捗管理をしっかり行い、遅れそうな場合や漏れがあるケースでは夫や子どもに謝罪する必要があります。

 

もっと楽に専業主婦を楽しもう!

 

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

 

このように専業主婦の仕事をわざわざ大変にする必要はありません。できればもっと楽に、楽しく主婦業を行いましょう。そうすることで、心に余裕ができ、周囲の家族にも優しく振る舞えます。イライラすることがあったとしても、楽な仕事をさせてもらっているのだと認識することで、素直に謝ることもできますし、いつも明るく振る舞えるでしょう。忙しいときにはちょっと手抜きをしたって大丈夫。自分から主婦業は大変だと宣言してしまうから、プロ意識を持つ必要が出てきて、イライラするのです。主婦業は楽な仕事だと認識することで、手抜きをしても堂々としていられますよね。また、手抜きをしても対価が得られるのが、専業主婦の特権なのではないでしょうか。これほど楽な仕事はないですよね。

 

まとめ

 

専業主婦って大変!?楽!?考え方を変えて優しい主婦になろう♪

 

専業主婦の仕事を楽な仕事だと認識して毎日の家事を楽しみましょう。少しくらいミスをしても大丈夫です。楽な仕事なのだから、責任を取る必要もありません。このように考え方を変えるだけで、ピリピリしながら時間に追われて、家事をする毎日から抜け出せますよ。そして、家族のダメ出しにあったとしても、笑ってごまかすことができるのです。その方が優しい主婦だと言えますよね。だからと言って、仕事のできないダメな主婦になる必要はありません。自分のペースで気楽に仕事をこなすということ。これからは「楽な専業主婦の仕事をしています」という意識に切り替えてみましょう。